ラジアーの年功型賃金モデルから見る長澤運輸事件の最高裁判決:基礎研レター

横浜市の運送会社「長澤運輸」に定年後再雇用された嘱託社員3人が起こした訴訟の最高裁判決(2018年6月1日)で、精勤手当や超勤手当を除いた大半の手当(能率給、職務給、住宅手当、家族手当、役付き手当、賞与)の格差が不合理ではないと判断された。最高裁は、定年退職後に再雇用された者は、長期雇用を想定してお

それっぽい記事

注目のキーワード