生き残るため。様々な植物が他植物から遺伝子情報を盗み、それを取り込むという戦略を利用していた(英研究)

istock  また植物の新たなる一面が明らかとなった。科学者によると、野生の草は進化を迂回するために、近くにいる草から遺伝子を盗んでしまうのだそうだ。  つまり、草は自然なやり方で、自らを遺伝子組み換えしてきたということだ。
Feb 22, 2019 カラパイア

それっぽい記事

注目のキーワード