「ガンダム生みの親」安彦良和は、なぜ“歴史”を描くのか。

71歳の安彦氏は、実際の「歴史」とも向き合っている。目下のライフワークは近現代史をテーマにした作品。『虹色のトロツキー』では中国東北部に存在した日本の傀儡国家「満州国」を描いた。連載中の『乾と巽』では「シベリア出兵」に取り組んでる。
Aug 15, 2019 BuzzFeed - JapanNews

それっぽい記事

注目のキーワード

まとしずギャラリー

人気記事

寺本莉緒:SNSの水着写真も話題の美少女 「ヤンマガ」表紙に
Switch「ガンガンピクシーズ HH(ダブルエッチ)」が9月26日に...
本物の電子回路が組み込まれたiPhone11用スマホケースが登場。“東...
東京ゲームショウ2019を終えて……新ポケモンのネギガナイトに関心が集...
「煽り運転」してくるヤツからエアドロップが届いたwww
戦う少女アクションRPG『Indivisible』トリガー手がけるオー...
実写版『シティーハンター』の声優が発表 「文句なし」「結構ハマってそう...
「宅配ボックスに入る大きさなのに…」 再配達時、ドライバーに理由を聞く...
気象の変化を体感できる「天気の子」4D版上映決定 描き下ろし新ビジュア...
「バビロン」追加キャストに興津和幸ら 主題歌は畑亜貴らによるチーム「Q...
妹のために「武器を手作りする兄」の進化がすさまじいwww
『マリオカート ツアー』サービス開始予定時刻が発表!! 9月25日17...
【コスプレ】TGSを沸かせた美人コスプレイヤー30連発/その1【TGS...
【FGO攻略】超高難易度復刻:フィナーレ「金色のメトロポリス」敵編成ギ...
【ドラゴンクエストウォーク】永続ステータスを獲得して更にキャラクターを...
袋の中にたくさんの丸められた紙 この写真が57万回シェアされた理由とは
『アイマス ミリオンライブ!』6thライブツアー追加公演(SSA)DA...