1種類だけじゃなかった。最強の電気を放つ種から最弱の種まで、奥深いデンキウナギの世界。

Image by wrangel/iStock  南アメリカのアマゾン川、オリノコ川の淡水域には、まるでスタンガンかのように生体発電で獲物を麻痺させる生き物が潜んでいる。にょろっとした長い体のデンキウナギである。  1766年、スウェーデンの動物学者カール・フォン・リンネによって初...
Sep 16, 2019 カラパイア

それっぽい記事