第一次大戦時にヨーロッパ各国軍がこぞって使用していた木に偽装した監視塔

Imperial War Museum  偽装というのは、戦争のひとつの手段だ。特にそれが独創的だったのは、2つの世界大戦の間である。  第一次大戦中、連合国、中央同盟国両軍とも、敵陣の動きを常に監視していたが、それはたやすいことではなかった。塹壕の上に少しでも頭を突き出そう...
Oct 22, 2019 カラパイア

それっぽい記事

注目のキーワード