インドネシアで発見された小型の人類「ホビット」は急速な進化を遂げていた

image by:youtube  2003年、インドネシアのフローレス島の洞窟で小型の人骨が発見された。頭蓋骨はグレープフルーツサイズ、成人しても身長は1mあまりと、その小ささから、トールキン作品の中に出てくる小人「ホビット」という愛称が付けられた。  のちに絶滅したヒト属...
Oct 23, 2019 カラパイア

それっぽい記事

注目のキーワード