Lyftが20の都市でスクーターの営業を取りやめ、社員20名をレイオフ

 ユニットエコノミクスとライダーの利用率が重要な事業では、赤字を長引かせるべきではないだろう。というわけでLyftは米国時間11月14日、社員に向けて6つの市場からスクーターを引き上げると通知した。
Nov 15, 2019 TechCrunch Japan

それっぽい記事

注目のキーワード