1900年に描かれた100年後の未来予想図。チョコレートのおまけに入っていた味わい深いイラスト絵(ドイツ)

 一粒で二度おいしいとはまさにこのこと。  1900年に、ドイツのチョコレート製造会社 "Theodor Hildebrand & Sohn" が、キャンペーンの一環としてチョコレートの箱に封入していたのは、100年後の未来を描いたイラストカードである。  チョコを食べた後もそのカードで10..
Nov 15, 2017 カラパイア

それっぽい記事